存在の証明

先日のブログを読んでくれた友人からメッセージが届きました

 

ばあちゃんに会いに行っても
孫である自分を認識してくれなくなってしまった
身体は生きてるけど心はどうなの?
このまま死んだら魂は意思を持つの?

 

という内容
それに対する私の返信があまりにも言葉足らずだったので
この場をお借りしてお伝えしたいと思います

 

まず認知症にはいろいろな種類があるのですが
ざっくりいうと『脳や脳の血管の病変によって起こる認知機能の低下』です
それこそ症状は多彩で
その中でも最もポピュラーな症状が記憶力の低下でしょう
短期記憶から順に引き出せなくなっていきます
ですから友人のおばあちゃんも
友人が生まれたころや幼いころの記憶を思い出せたとしても
目の前にいる40過ぎのおっさんが自分の孫だとは認識できないわけです

 

だけどですよ?
記憶が引き出せなくなっていく
理解力も徐々に低下していく
身体機能も衰えてできないことが増えていく中で
目の前の相手が自分に好意的に接してくれているかどうか
ということをたとえ認知症であっても非常に敏感に感じ取ります
生きていくための死活問題ですからね
※だから生まれたばかりの赤ん坊も反射的に微笑むように
プログラミングされています

 

にっこりと笑いかける
聞き取りやすい声で穏やかに語り掛ける
いきなり触れずに正面の離れたところから認識してもらう
上記の点を踏まえたうえで接してくる人に対しては
認知症がどんなに進んでいても心を開いてくれる場合が多いのです

 

記憶を引き出す鍵が失われていくことは
家族にとっては辛いことかもしれませんが
笑顔で穏やかに接することが
認知症を発症した人の心の安定につながるのだと伝えました
短期記憶が引き出せなくなるということは
逆に嫌なこともすぐ忘れられるし
うれしいニュースは何度聞いても初めてのように喜べるのですよ
もちろんそこにはしっかりと心が生きています

 

ですが認知症の中にはやっかいな症状もあって
感情の鈍麻というものもあります
外部からの刺激に反応しなくなってくることがあるんですね
ここでしっかりとお伝えしておきたいのが
反応がないからといって心がないわけではないということ
とてもスピリチュアルな領域に踏み込んでいくので
感覚的に受け入れられない方もいるかもしれません

 

今このブログを読んでいるあなたには心がありますね?
自己の魂の存在も信じているのではないですか?
ではそれを体の機能を一切使わずに他人に伝えることができますか?
伝えることはできなくても
それは確実に存在していますよね

 

心や魂の存在を認めることができないのならば
いったい人間とは何なのでしょうか
肉体がなくなっても精神(魂)がなくなることはないと信じています
じゃないと生きる意味などない
私はそう思います

 

お慈悲を

f:id:umico-mare:20160321070452j:plain

うおー寝落ちた。
夢でブログ書いてたよ笑
夢では出来上がってたのにな…(´;ω;`)

 

さあ、真夜中ですが気を取り直していきましょう。

 

実はね、私。
今まで一度も看護師に向いてるって思ったことないの。
むしろ一番なっちゃいけない人間じゃないのかしら…とすら思う。
気分屋だし。
わがままだし。
『いらち』だし。
感情が顔にすぐ出るし。
いや、むしろ全面的に出すし。
ずっと人に興味持てなかったし。
思考もやさぐれてて、『白衣の天使?そんなもの架空の生き物ですから。ユニコーンみたいなものですから。この笑顔もすべてお仕事ですから。スマイル0円? そんな都合のいいお話、あるとお思いなんですか? うふふ笑っちゃう。』つってね。
やべー書いてみると結構ひどいな、私。
まあでも根っこはいいやつなんですよっ(むなしいフォロー)

 

しかも今まで、本当に自分勝手に生きてきた。
自分のやりたいことだけやって。
人の厚意をもらうだけもらって。
究極の末っ子体質をいかんなく発揮してここまできちゃった。

 

この性格はたぶん一生変わんないかもしれないけど、ここらでひとつ感謝の心を見せておかないと刺されるかもしれないな…。
だから言います。

 

みんなありがとう
みんなから支えられて生きてます
これからもよろしく(おい)

 

皆々様の母性と父性とお慈悲の心で日々生かされておるのでありました。
このご恩は一生忘れないし、もし忘れててもちゃんと思い出すから~。(最低)

 

女が強い理由

f:id:umico-mare:20160317043633j:plain

ブログ、何日か間隔が空きましたね。
楽しみにしてくれてた人いるんでしょうか?
もしいたら、ごめんね~。(軽いな)
Wi-Fiの調子が悪かったり、物理的に忙しかったりしたの。(さくっと言い訳)
まあ、気を取り直して、またこれからできるだけ毎日更新していこうと思っているのです。

 

よくね、一日も欠かさず更新して○○年とかいう人がいて。
確かにすごいんですよ。
なかなかできることじゃないです。
てゆーかそういう人は稀です。(だからこそ成功するんだけど)
その人たちが言うわけですよ。

 

『一日も欠かさず更新し続けたら世界は変わる』って。

 

確かにそうなんでしょう。
それは彼らの成功体験に基づく事実ですからね。
ただ私はナースなので、こうも考えます。

 

一日くらい休んだって、成功する人はするから。

 

一日も休まずブログを更新し続けたという、いわば達成の成功体験にこだわりすぎると、一日でも休んでしまった時危ない。
危ないっていうのは、命の危険じゃないですよ。
客観的に見れば本当に小さな小さな石ころの存在が、その人にとってはこの世の終わりをもたらす隕石にも等しいモノになり得るってこと。

 

振り出しに戻る。
すべてが水の泡。
あーもういいや、何もかもどうでもいい! って投げ出したくなる。
そういう思考に陥りやすくなる。
けっこうそういうの、男性に多いんです。
一度の失敗で、崩れ落ちるように何かに依存していくとかね。

 

その点女は強いです。

 

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス
鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス
鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス

 

もし、もしもですよ、女性の戦国武将がいたとして。
その人は多分こう言うんじゃないかな。

 

鳴かぬならそれでもいいやホトトギス

 

 

もしくはマリーアントワネットのごとく

ホトトギスが鳴かないならニワトリを飼えばいいじゃない

とかね。
ニワトリうるさいけどね。
メスなら卵も産んでお得よ♡的な。(女子の話はこうやって脱線していきます)

 

「私はそんなことありません!」
とかいう個人のケースはこの際置いといて。
女は自分に甘い。
言い換えれば、自分を容易に許してしまえる生き物。
だからこそ精神的に強くいられるんです。

 

「女はずるい!」とか、よく言うじゃない?
そんなの生まれた時から決まっているんですけど。
つーか女に生まれたのは私のせいじゃないんですけど。
って言いたくなるようなことに文句を言っているようじゃアナタ、まだまだですよ。

 

 

 

空耳だと思う

f:id:umico-mare:20151001034005j:plain

信じられない。
看護研究の発表が3月なのに、研究に取り組み始めたのが1月だなんて信じられなーーーーい!!!(通常1~2年かけて取り組みます)
去年の夏に就職したばかりなのにいつの間にか研究発表メンバーにさらっと投入されていることが信じられなーーーーーーい!!!!!
あああ私は恐ろしい病院に来てしまったようだ。

 

あ、すいません。
取り乱してしまいました私です。
いや~この年になってもまだ、こんなに驚愕することってあるんですね。
初メテ知リマシター。(棒読み)

 

んまあ、文献を片っ端からパクる 参考にさせていただいて何とかなったような気がします。
発表は明々後日。
いいんです。
院内の発表なんで。
タイムイズマネー。
ギブミーチョコレートですよ。

 

んでどんな研究かっていうと。
クランベリーは尿路感染症の予防と改善に効果があるっつーから、試してみたよ!ってやつです。
んで結果はやっぱり効果があるから慢性的な膀胱炎とかで悩んでる人は試しにクランベリージュースをしばらく続けて飲んでみなよ!ってことです。
ふふふさらりとバラシてやったぜ。

 

本日はホワイト・デー。
ギブミーチョコレート。
誰にもバレンタインギフトあげてないけれど。
だれか私をねぎらっておくれー。

 

今日作業を終えて、いざ帰ろうとする私に上司が

来年度もお願いね♡
って小声で言ったーーー!

 

よし、逃げようと思います。

 

 

一文字入魂

f:id:umico-mare:20160229053807j:plain

うーん。
書きたいことが多すぎて、意識が分散しがちな今日この頃です。
でも、人に何かを伝えるってことは自分の思考を整理して体系づけるのにものすごい力を発揮するんだなあと感じています。
特に話すことよりも書くことで。
ブログは記録に残っていきますもんね。
自分の言葉が財産として積み上げられていく感じ。

 

よくね、『ブログは○○○字以上書け』とか言われていますけど、私はあまり気にしないことにしています。
なぜかって言うと、ナースだから。
ナースって意外と話し上手、まとめ上手な人が多いんですよ。
ナースは肉体労働者であり、感情労働者であり、頭脳労働者でもあります。
とにかく記録が多い。

 

対象を観察して、考察して、計画してそれを文章化していくっていう行為を毎日行っていくわけですから、日々厳しく訓練されているようなものです。
そのうえ、限られたスペースに文章をまとめるっていう技までプラスされていくわけです。
短い言葉で伝える。
そういうクセがついている。

 

だから○○○字以上っていわれても、「もう書くことねーよ!」ってなります。
逆にダラダラ書くことで、自分の味がなくなっちゃう。
私にとっては、短く書いてこそなんぼなわけです。

 

『短い言葉でどこまで伝わるのか』

 

逆にそこを意識するようにしています。
今日も500文字超えるのがやっとだったわ~うふふ。
ではまた。

その意気や良し

f:id:umico-mare:20160222230020j:plain

先日ね、かつての教え子が香川を離れ東京の病院で働くことになったということで、送別会? 壮行会? を本人を含め4人という超少人数で行いました。

 

彼はとても印象深い生徒で、理工系の大学を出て社会経験を積んでから看護の道に入ったという異色の経歴の持ち主です。
授業態度はマジメそのもの。

 

私が当時担当していた在宅看護の授業って、何故か必ず午後イチで。
おなかも満たされ…かなり睡眠学習的な…言い換えれば居眠りするためにあるような科目らしく、一部の生徒たちは毎回すやすや~。
やつら『私語で他の生徒に迷惑になるくらいなら寝てた方がマシ』っていう私の言葉を真に受けてホントに熟睡するんやもん。
1人も単位を落とさなかったのは、ひとえに私の努力のたまものです、たぶん。(どやぁ)

 

話を戻しますが、そんな中でも常に真剣に私の授業を聞いてくれていた彼のような生徒は、やはり心の支えっていうかね。
往々にしてそういう人がクラスのまとめ役になるので、在学中は関わる機会も多かったんですけど。
どうやら人付き合いを制限しているらしく、SNSをほとんどしない人だったので、卒業後は疎遠になっていたのです。

 

そして久しぶりの連絡で、東京への就職を知りました。
慣れた職場を離れ、ずっと興味のあった脳卒中看護を学びに行くんだとか。
極めて少ない彼の『香川を離れる前に会っておきたい人リスト』の中に入れてもらえたことがとてもうれしかった。

 

はなむけに何か贈ろうとふと考え付いたものは、私が使っていた聴診器。(はいそこ引かないでー)
使い古しの物を贈るなんてどうなんやろう? って私も考えたんですけど、逆にこれ以上の物はないようにも思えたんですよね。

 

で、彼の反応はどうだったかというと。
とても喜んでくれました。
目を見て『嬉しい』って何回も言ってくれました。
『先生の聴診器なら、いろんなものが聴こえそう』とまで言われました。

 

一瞬、おいまてどういう意味やーってなったんですけど、まあいいかなと。
彼が遠くでしんどい時、辛い時。
本当に私の声援が聴こえたらいいなと思うんですよ。
もし聴こえても怖がらんといてね。

職人気質!

f:id:umico-mare:20160221065513j:plain

お元気ですか?
体調はいかがですか?
ウイルスに脅かされてないですか?
例えばインフルエンザAとかあるいはインフルエンザBとかはたまた新型インフルエンザとか。

 

職場で猛威を振るっていたインフルエンザがようやく終息に向かいつつあります。
休んでいる同僚の勤務を引き受けたところ、4連続夜勤プラス夜勤アルバイト2回などというとんでもないことになってしまい、40代のなまった体にはかなり過酷だと気づいた次第であります。(頑張ったのに叱られまくる40歳)

 

植物を触る時間がないって、私の心にはかなり大打撃であることに気づきました。
こんなに花がたくさんあるのにっていうジレンマと戦いながらだったのでなおさらね。
で、引き受けた夜勤の仕事をこなした後に待っていたのは…

 

枯れた苗の片づけ

 

切なかった~
でも激務に明け暮れた私の目は楽しませてくれましたから、百歩譲ってよし。(切り替え激早)

 

植物屋をやり始めて『看護師はいつか辞めるのか?』って聞かれる。
んで『そのうち…』って答えてる。
でも本当にそうなのかな?
そんなにきっぱりはっきり廃業できるもんなのかな~とこのところ考えています。

 

20年以上も携わってきた仕事。
もはやパーソナリティの一部です。

 

私が考える看護師って職人みたいなもの。
この腕一本で日本全国どこへでも行けるっていうか…ずっと長く病院で働いて主任になって師長になってそのまた上にっていう生き方に全く興味が持てなかったというか。
とにかく自分が行きたいと思う方向に自由に進んできた。
そういう生き方ができたのも看護師だったから。
植物屋になったのも、植物の力を借りて人を癒したいと思ったから。

 

今度からは『看護師はいつか辞めるのか?』って聞かれたらこう言おう。
『自分、どこにいても、何をしていても一生看護師ですから(キリッ)』って。

きみが涙のときには

image65

台湾で起きた地震の被害が、日に日に報道されていますね。
被災された方々の心中はいかばかりかと心が痛みます。
地震はこの地域に生まれたものの宿命ではありますが、台湾の一日も早い復興を願ってやみません。
どうか被害が最小限でありますように。

 

私が生まれて初めて看護実習に出たその日、阪神淡路大震災が起こりました。
実習先の病院のテレビに、信じられないような映像ばかりが流れていくのを呆然と眺めていたことを覚えています。
神戸の大学に進学した幼なじみは大丈夫か? 他の友人たちは?
心配で居ても立ってもいられないのに、私はここで未だ何者でもなく、何もできずにいる。
自分には大した力もなく、できることは限られているんだという現実を叩きつけられるかのような看護師人生の幕開けでした。

 

◎自分にできることは限られている
◎死はいつ訪れても不思議ではない
このふたつを胸に刻まれたことは、私にとってとても大きな意味があったと思います。

 

同じ年の3月。
今度はこの国の首都で『地下鉄サリン事件』が起こりました。
目に見えないものに命を脅かされる恐怖。
なすすべもない大きな災害を目の前にして混乱する医療の現場。
ここから災害看護というものが、常に私の頭の隅に存在することになります。

 

実際に、災害の現場に居合わせたことはありません。
ですが震災時問題となったクラッシュシンドロームというものを知ったことで、積極的に透析看護に携わるようになったと記憶しています。
かつて透析室への異動を命じられた時には、とっさに「これは使命だ」と思いました。

 

看護教員時代、学生たちの研修旅行先として福井へ。
災害看護学会に参加するためでした。
道中、神戸にある病院にも立ち寄り、当時病棟師長だった方のお話を伺いました。
自らも被災者でありながら、がれきの中を病院まで歩いていったこと。
その道すがら出会った人たちのこと。
病棟や職員寮は大丈夫だったが、看護学生寮が倒壊し、多くの看護学生が犠牲になったこと。
時々、声を詰まらせながら語るその人も心に傷を負った一人でした。
そして学会で聴くことができた『地下鉄サリン事件』の被害者の会代表の高橋シズヱさんの講演。
彼女の医療に携わる私たちへの思いをしかと受け止めました。

 

私は知りたかったのです。
夫の最期がどんなものであったのかを。
だからどうか皆さん、記憶してください。
できれば記録に残してください。
そして残された家族の心に寄り添って支えてください。
(これは私の記憶からの文章であることをご了承ください)

 

無力を嘆き悲しむ暇なんてない。
自分にできることがあるならば、どんな小さなことでも粛々とそれを行うだけ。
そういう気概のようなものが、この国の人達にはある。
誰かを支えることによって、自らも支えられていることがある。

 

もし最悪のことが起こったら。
あなたならどうします?

世界は広く寛容だった

umico-mare.hatenablog.com

↑ ↑ ↑

さて、前回私のデタラメ看護教員っぷりを暴露してしまったわけですけども。
そもそも在宅看護ってなんぞや? という話をしたいと思います。(そこから?)

 

皆さんが一番なじみのある看護っていうのは、病院やクリニックで出会うナースが行っている『施設看護』ですね。では『在宅看護』は当然、在宅で行われる看護であるわけです。
この在宅という概念…皆さんの頭の中では、三世代が住む大家族で長男の嫁が舅や姑のお世話をしているところにナースが「こんにちわ~」と登場する場面が展開されているかもしれません。
でも実際は、生活の場すべてが在宅であると考えます。
自宅が一戸建てであろうがマンションの最上階であろうが、たとえ特養や老健に入所していたとしてもです。
そして在宅看護を受ける人は高齢者だけでなく、生まれてから亡くなるまでのすべての年代の人達とその家族が対象となります。

 

つまり、在宅看護ってあほみたいに世界が広いんですね。
今までどれほど狭い世界で物事を考えていたかを思い知りました。

 

訪問看護ステーションでの最終日、思い切って所長さんにたずねてみたことがあります。ずっと私の心に引っかかっていたこと。
「私、リコンしていて。つまり婚家と夫の親の面倒をみるという選択肢を捨てた人間に在宅看護を教える資格があるのでしょうか」と。

 

そしたら所長さんはこう答えました。
「じゃあ、世間体を気にして苦しんでいる人たちの気持ちも、義理の親のお世話をしている人たちの大変さもわかるからいいじゃない。嫁が面倒を見るのが当たり前と思う人は今でも多いよ。」

 

固定観念から解放された瞬間でした。
いろんな価値観があって、いろんな家族の歴史がある。
何を正解とするかは、その人、その家族が選択していくことなんですね。
いや~在宅って奥が深いですね。
それではまた。

image15

不惑のブレイクスルー

この春で不惑を迎えたワタクシ、職場の誰よりも大人げない自信あります。
あ、でも間違わないでほしいのですが…

KY: 空気 読めない 

ではなく、

AKY: あえて 空気 読まない 

ですからね、たぶん。

イライラ感満載で登場する医師に、ナースステーション内がピリピリした空気に包まれたとして…誰得? じゃないですか。

「機嫌が悪い? は? 知らねーし!!!」

と笑顔で話しかけてやります。
だって機嫌悪いのは私のせいじゃないわけだし、気を使っておどおどするなんてあほらしい。
こちとらあなたのご機嫌をうかがうために仕事してるんじゃないの。
お給料をいただくために 患者のために仕事してるの。
そうすると意外にも相手の機嫌が直っちゃったりするもんですよ。

でもまあ自分の機嫌はモロ出しらしく。(おい)
周りの人から「顔!」とダイレクトに顔に対する注意を受けた時は、「あらやだいっけない アタクシとしたことが ほほほ」と素直になおすので許してね。

みなさん、いつも注意してくれてサンキューでーす。

image2