そういうこともある

今日は閏日ですねー。
4年に一度のこの日くらいは、自分を全肯定してあげようと思いこのブログを書きます。
だから批判コメントとかついても返事しないから(笑)

 

小さい頃の母親の記憶ってどんなものですか?
私にもね、素晴らしい記憶があるんですよ。
愛されていることを全身で感じるようなね。

 

 

その一方で恐怖の記憶もある。

 

 

母はどちらかというと気性が荒い人で、体罰はしつけの一環、怒った時の口癖が『死んでも許さない』って人です。
見知らぬ人に、時には兄に対して
「今の言葉、死んでも許さん!」
「死んでも許さへんからな! 覚えとけー!」
と、声を荒げる姿を見るたびに、あの怒りが私に向けられる恐怖におののいていました。

 

 

ずっと母親の怒りのスイッチを押さないように生きてきたんです。

 

 

高校卒業後~結婚するまでは門限が夜10時で。
それを守れなかった時、車を運転中に母から電話が。
それだけで手が震えて頭が真っ白になり、ブレーキをいつ踏めばいいのかわからなくなった。
パニックですね。
見かねた友達が運転を代わってくれ、事なきを得ました。

 

 

そんなエピソード吐いて捨てるほどある。

 

 

離婚した後は、母の支配から逃れるように県外に出たんですけど。
たまに電話がかかってくるんです。
それも夜中や仕事中に。
出ないと何度も何度も。
出たら出たで、何時間も呪いの言葉を吐き続ける相手に身も心も疲労困憊。
(途中で切っても堂々巡りなので)

 

ついに夢を見ました。
母親を殺す夢でした。
ちゃんと死んだか確認までしてました。
「やっと終わった」ってほっとして泣いた。
目が覚めて夢だとわかってまた泣いた。

 

 

私は母親を捨てることに決めました。

 

 

憎んでいるのかもしれないし、愛しているのかもしれない。
よくわからない。
でも本当は大事にしてあげたいです。

 

 

死に目に立ち会えないとか、そんなことはもういいんです。
人としてどうなの? とか、それすら大きな問題ではない。
人も自分も癒すことは難しいなー。
って、そう思うだけ。

 

庭師の条件

image53

サルビア・アルゲンティア(通称:白くまくん)がコンテナですくすくと育っています。
地植えを夢見るコンテナガーデナーって、私を含めてたっくさんいるんだろうなあ。
小さな庭しかなくても、たとえ賃貸に住んでいても、植物に囲まれて暮らすことは可能です。
私はそんな人達のお手伝いがしたい。

まだ店舗はありませんが、ガーデンショップを開業するべく動き回っています。
その第一段階としてショップカード兼名刺をただいま作成中。
んでね、友達に言われたんです。
カードに『ナース兼庭師』という肩書を入れたらいいのにって。

ブログはね、個人の自由な発信なので気負いなく自称できたのだけど…
この程度で庭師って言っていいの?
本物の庭師に怒られない?
そんな気持ちがあった。
だけどその裏では
植物を愛する気持ちだけは誰よりもある!
笑うやつには笑わせておけ!
って気持ちもあった。
だけどもだけど…ウジウジウジウジ(笑)

そんなとき見つけたこのブログが私の小さな迷いをスコーンと蹴っ飛ばしてくれた。
缶けり(知ってる?)で鬼に捕まっていた私が自由になった瞬間でした。
まずは私の中で庭師の定義が明確になった。

http://niwashido.jugem.jp/?eid=964

庭師になる為に本当に必要なことはすっごくシンプル!!

1つ、自然や植物が好き。

1つ、人や動植物、命あるものに感謝する心。

1つ、モノ造りや観察が好き。

1つ、人を認めることが出来る人。

最後に一番大切なこと

1つ、絶対庭師さんになりたいって思う心。

庭師になるにはどうすればいいか・・・・・・私もまだまだ未熟な庭師。

今も上記の様に生きています!「絶対庭師で在り続けるぞ!!」って・・・・。

自分も厳しい修行時代もあったけど、今は親方になり、この世界の難しさや奥深さを心から愉しんでいる!!

これから庭師になりたいと思う人へ、一言・・。

苦しいのは一時!身に付けた技術や心は一生涯!!

紡いでいきましょう、庭師の世界を・・・。

この方のおっしゃる庭師の条件はすべて満たしている…ような気がする。
庭師かどうかは心が決める。
いいじゃない。
ナースで庭師でも。

 

私が私にくれたもの

image56

タイトルを見ただけで、私の年代がわかる人にはわかっちゃうという・・・あな恐ろしや!

自分に対する誕生日プレゼントとして、ガーデニンググローブを購入。千円でおつりが来るというお手頃価格。千円未満で満足できるなんて、我ながら安上がりな女だよまったく。あ、もちろん貴金属も大好き♡ですけど。

コレね、すっごく優れものです。今までは軍手とか、病院でよく見かける使い捨てのプラスチックグローブを使っていたんだけど・・・あっと病院からパクったりなんか、ししししたことないですよ! (どもったけど本当です)

軍手は水分を含んだ土を触ってるとだんだん指の周りに土がついてきたり爪の中に土が入ったりするし。プラスチックグローブは汗で気持ち悪いわ、耐久性が今一つで、破れてこれまた爪の中に土が入っちゃうんだな。そんでもって両方とも「棘痛った———!!!」ってなる。だけどコレなら軍手みたいにゴワゴワしないし、通気性もいいし、爪にも土が入らないし、少々の棘も大丈夫っぽい。しかも見た目もなかなかにオシャレ。

あらかじめ石鹸を爪でひっかいておくと土も入らず手を洗えばきれいになって一石二鳥! という方法もあることはあるんだけど。爪の中に何かが挟まってる・・・という状況が不快でたまらん私には向いてないです。(涙)

ものごとは形から入ることも大切。その道具の形にはそれなりの理由があるんだなあ。よしよし、今回はいい買い物だったぞ、ウミコさん。さっ次はエプロンでも探しに行こうか。