病名:消耗性GW

f:id:umico-mare:20160505103254j:plain

ゴールデンなウィークは息子たちと過ごしておりました。
子育て属性の極端に低い私にとっては、かなりきつい3日間でした。

 

毎年懲りずに家族サービス的なものを企てるのですけど、その度に自分の母親としての能力の低さを痛感してかなり落ち込む、というのが最近のデフォルトとなっておりますよ。

 

今年は近年まれにみる大惨事だったので、せめてブログのネタにして有効活用しようと思った次第です。

 

今年は早くからGWに息子たちが泊まりに来るという話になっておりまして。
しかし高校生の長男は来ないんだろうとタカをくくっていたら、なんと今年は長男もお母さん合宿に参加の意向を表明してきてですね。
ちょっとだけ舞い上がっちゃったんですかね。
息子たちが泊まりに来る数日前に、完全にノリでちょっとしたパン教室なんかを予約してしまったんですよ。

 

GW直前やし、無理かも…って思っていたんですけど、『ご予約承りました』の返信メールが。
結構全員ウキウキしながら向かったんですよ。
でもね、完全に忘れてた。
自分は致命的に時間配分がヘタクソだってこと。

 

1時間半以上も前に着いちゃったーーー!!!

 

予想していたGW関数が全く当てはまらかったみたい。
いやいや、慌てるでない、こうなったら隣接されておるカフェで時間を過ごそうではないか! と店内に入るも満席。
仕方なく施設内をブラブラして過ごしていたんだけど、どうにも時間が進まず。
私一人だけなら、緑を眺めながら風に吹かれて1時間や2時間過ごすなんて、赤子の手をひねるくらい簡単なことなんですけど。
敵はゲーム・スマホ世代ですよ。
その ×3ですよ。

 

無理。

 

ってことで小雨が降ったり、風も強かったんで、車の中でしばらく時間をつぶしました。
そうしてようやくあと30分となり、もう一度カフェに行ってみよっか☆ってなったんですけど。
またしても満席。
どうやらテイクアウトが可能らしいので、飲み物でも飲みながら残りの時間を過ごすことに。

 

だけどね、15分経っても20分経っても飲み物が来ない。
あと5~10分でパン教室始まっちゃうんですけど…。
その時点でお母さんのイライラはMAXに近くなってて。

 

だいたい、一番最初に空席確認したときに『満席ですね』の一言しかなかったのに、タイミングよく到着したお客さんはどんどん店内に吸い込まれていくやん。
待機できるなら、できるって言ってくれたらええやん。
最初は店の外に椅子とかの待機スペースなかったのに、車で待機してる間に出来てるやん。
そういうもやもやした気持ちが積み重なってたんでしょうね。

 
『あのー注文した飲み物が来ないんです。20分くらい待ってるんですけど』
って問い合わせた私に帰ってきた答えが
『お待たせしてすいません、あと5分くらいですので…』
『でも3時からパン教室もあるんです』
『あ、飲みながら受けていただいても大丈夫ですよー』
って感じでした。

 

あ、そうなんや、良かった~って思うと同時に『そんなん今初めて聞いたし…私の焦りは何だったの?』って気持ちになってしまってね…ふー(遠い目)

 

『…そうですか』
納得いかない感満載の一言が出ちゃったんですよね、たぶん表情も。

 

そしたら向こうから痛恨の一撃が。
『…こちらも順番にお作りしてますのでねー申し訳ございませぇーん(うるさいなーこっちも忙しいんだよ、このクレーマーが)』※カッコ内は完全に私の幻聴です
そう言い終わる前に背を向けて去っていく店員さん。

 

本日二度目の
無理。

 

泣きたくなった。
世界中からダメ母認定されたような気持だった。
こんな気持ちでパン教室なんて受けれっこない。
と、半泣きでパン教室をキャンセルして帰りました。

 

帰りの車の中で、今日のあの店員さんはきっとひどく叱られるんだろう…いや、もしかしたら私を悪役として慰められるだけかもしれない…それはそれでいい…だけどどちらにしても私のことは『言いがかりをつけてきた鬱陶しいクレーマー』として苦々しく記憶されるんだろう…とか考えてさらに暗澹たる気持ちになって泣いた。

 

 

というのが顛末でございます。
(後で代表の方とメールで謝罪のやり取りはありましたよ。)

 

もしかしたら呆れられておるのかもしれませんが、こんな情緒不安定でメンヘラーな文系母に、何も言わずにつきあってくれた理系長男には今回かなり救われました
どうやら、よき日本男児に育っておるようだ(親バカ)

 

あ! あと景色はかなり良かった。
今度は平日に行こう、そうしよう。

 

f:id:umico-mare:20160505104315j:plain

 

 

 

 

美人キライ

f:id:umico-mare:20160430093220j:plain

突然ですがね、私はいわゆる 美人がキライです。
(ハイ、今男性を全員敵に回しましたー。)
美しい人を見たとき、まず最初にやってくるのはざわざわした気持ち。
強烈な美醜コンプレックスのために激しく嫉妬してしまうんです。
『こっちは憎む準備はできているんだからねっっ』
と、もう反射的に来るなら来い! のポーズで身構えていると言ってもいい。

 

まあそうなっちゃうのには、聞くも涙、語るも涙の歴史があるからなんですが。
私の場合、語ると笑いの方向に走ってしまうのでここでは語らないことにします。
(聞きたい方は個別にどうぞ。気が向いたら話します。)

 

で、こんなこと言うと、『やだアタシ、ヨーコの友達なのに美人だわ。嫌われてるんだわ。憎まれてるんだわっ。』ってなる人がいると思うんですけど。

 

安心してください、好きですから。

 

それはあなたが美人でないから好きなわけじゃなくて、美人だけども中身をよく知っているから好きなんですよ。
今日のブログの冒頭の一文をよーく見て。
美人っていう単語の前が不自然に空いてるでしょう。
あそこには電子顕微鏡じゃなきゃ読めないような小さな文字のただし書きがあります。

 

え?
見えないから教えろ?
もー仕方ないなあ、今回だけ特別ですよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※人となりをよく知らない

って書いてあるんですよ。

 

そう、人を簡単に嫌ったり嫉妬しちゃうのはよく知らないから。
ただ、嫉妬っていうのはかなり厄介な感情で、よく知っている仲のいい間柄でも生まれたりするわけね。
それはねー、しんどいよ。
するほうもされるほうも。

 

もし友人や仲間に対する嫉妬の感情に苦しむことがあったら、思い出してほしい。
あなたが嫉妬を向けているその人は、一度も辛いことや悲しいことを経験したことのない人ですか?
そんな人いないよね。
だったら素直に喜んであげたほうが、必ず自分も幸せになるから。

 

ってわけで、私もざわざわの嫉妬心まで持つ余裕ないので、目の前に現れた美人は片っ端からちぎっては投げちぎっては投げ…じゃなくて、知る努力をしていこうと思います。

 

あれ?
最後いつのまにか自分の改心みたくなってるー。

ミエナイチカラ

f:id:umico-mare:20160429062737j:plain

本日のブログタイトルはB’zの曲からいただきました。
私の中では一二を争う名曲です。

 

私ね、今までは仲卸の方にお願いしたり市場のオンラインショップで花や植物を仕入れていたんですよ。
だけどどうしてもこの目で見てピンと来たものを選びたくって。
できれば地元の人たちから購入したい、そんな気持ちがあって。
どうしたもんかなあ…と思っていたら、目の前に現れたんですよ、救世主が。
農大卒、花き市場・鉢花担当歴14年。
生産にも流通にも販売にも、はたまた造園にも精通していて、三豊・観音寺方面の生産者のことなら何でも聞いてください! な、お人が。

 

生まれたまち観音寺の居酒屋で、地元の食材を使った肴をいただきながら聞いた話。
観音寺には昔から花の生産者が多いこと。
どこも後継者不足でいずれは屋号をたたんでしまうこと。
今は植物に全く関係ない仕事をしているけれど、市場時代のキャリアを無駄にしたくないと思っていたこと。
そこにひょっこり『植物屋をやるっつって前のめりなやる気だけはあるのに、仕入れに関してど素人でちょっと心配な感じ』の私が現れたこと。
私を通じて、植物の世界ともう一度つながろうと思ったこと。
最後に、応援するので、自分の持っている知識・経験・人脈を生かしてくれたらいいと言ってくれました。

 

なにこれ
なにこれ
ありがた過ぎて言葉にならないんですけど

 

で、本日、つないでいただいたご縁を生かすべく、さっそく観音寺の多肉生産者さんの所へ仕入れにお邪魔しました。
仕入れた植物を車に積むとき、生産者さんがポツリと『やっぱりお花屋さんの車の中はみんな同じ感じやな』って仰ったんです。
長年植物の生産に関わってこられた人の言葉。
乗っているのは軽トラでも、ワンボックスでも、営業車でもない普通のコンパクトカーだし、どこら辺が同じなのかわからないけど、いっぱしの植物屋と認められたような気がして、なんだかとっても嬉しかったなあ。
ここ最近低浮上だったから余計にね。

 

 

ミエナイチカラが 僕を今動かしている
ユルギナイチカラが あなたに今囁いている
ミエナイチカラで 誰もが強く繋がっている

 

ほんと、そんな感じなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェネラリストからの伝言

f:id:umico-mare:20160428000655j:plain

写真は以前、完全に寄せ植えの脇役として植えた、『アールグレイ』という名の金魚草。
今ここにきて抜群の存在感を醸し出しています。
白くてふわふわでほんのりピンク色も感じられる、美しい花が咲いています。

 

こんばんは。
勝手に煮詰まって少々お休みをいただいておりました、ミヤタケです。
今更ですがね、私ナースなんですよ。

 

整形外科→外科→内科→泌尿器科→透析外来→看護教育→地域連携(在宅)→循環器科…といろんな分野を渡り歩いて、ただいま精神科のターンです。
私はいわゆるジェネラリスト・ナース、看護界の脇役ですね。(対義語がスペシャリスト)
はっきり言って、以前は精神科に偏見がありました。
世間一般の方よりは知識はあるにせよ、偏見を捨てきれずにいました。

 

だけどね、いつかは身体だけじゃなく精神を深く見つめたい気持ちが常にあった。
例えば私という一人の人間の心を完全にナース目線で、客観で感じてみたかったんですね。
どうしてこの人は(私は)こういう反応をするのか?
私は健常者とされているけれど、それは本当に正しいのか?
もし正しいのならば、私と患者を画するものは何なのか? ってね。
実際はなかなか難しいですけど。
少なくとも以前よりは、自分や他人の感情に振り回されることが減ってきたように思う。

 

だけどまだまだ未熟で奥が深すぎて、この世界の入り口で呆然と立ちすくんでる感が否めないです。
ただ、(植物の力を借りて)人を癒すっていう仕事を選んだということは、一生人間のこころを学ぶ道を選んだってことだから。
ブルっちまいそうな自分のお尻を叩きながら、少しずつ進んでいくしかないみたい。

 

考えてみれば、ある人と出会わなければ、今私はこの場所にいなかったなあ。
『精神科の患者は健常者よりもよっぽど純粋な人が多いんですよ』
スペシャリストである、その人の言葉が、私をこの世界に引き込んだと言っても過言ではありません。

 

 

ありがとうね。
これからもお世話になるのでよろしくね。

 

 

こっぱずかしくて、面と向かって伝えることはできないけれど、ブログでなら言えるのが不思議です。

 

 

人生RPG

f:id:umico-mare:20160425041014j:plain

写真はアエオニウム・黒法師。
夏季休眠型の多肉植物で、夏場は極限まで水やりを控えます。

 

 

私、極度の面倒くさがりでね。
好きなことに着手するスピードたるや、他の追随を許さないものがあるんですけど。
いかんせん嫌いなことから逃げる癖がありまして。
ねばならないことがもう限界ギリギリ、黒ひげ危機一髪な感じになってます。
つーことで明日っからは、主に面倒くさかったり、あるいは面倒くさかったり、はたまた面倒くさかったりのために、苦手で後回しにしてきた事をこなしていく週間…いや年間になりそうです。(どんだけ溜め込んでんだ)

 

まあこの悪い癖にも救いはあって。
『ええい!』と吹っ切ってTO DOリストをやっつけていくことで、やればできる子効果が得られるんですねー。

 

あとね、どうやら私、ある占い情報では今年から二年間、人生における冬の時期? みたいなのね。
そういう時はむやみやたらに怖がったり不安になったりする必要は全然なくて。
勉強するのに一番いい時期らしいんです。
つか、むしろこの時期にみっちり修行を積んでおいたほうが、冬のトンネルを抜けた後の爽快感が半端ないんじゃないかと思うんですよね。

 

と、いうことは……。
なんというラッキーチャーンス!!!
この隙に苦手なこと=勉強ができるってことじゃないですかーーー。
もしかしてもしかしたら大人の階段を更に昇っちゃうんじゃないですかーーー!?
今までは本当に冬の時期が怖かった。
何か悪いことが起こるんじゃないかってビクビクしてたら、本当にそうなった。

 

でも違うんだな。
こうなりたいっていう理想を持てば意識が変わるんだ。

 

嫌々やるんじゃなくて楽しんでやろう

 

よおーし。
なんだかテンションが上がってきたぞ。

 

今日という日は

f:id:umico-mare:20160424030244j:plain

こんばんは。
ゆらゆらと意識と無意識を行ったり来たりしています。
ま、要するに眠いんですね。

 

非常に個人的な話題で申し訳ないことはないんですが。(だってブログってそんなもんだし。)
私、『NARUTO』っていう漫画がもうすんごい好きだったんですよ。
暗くて。
そこに横たわる背景が救いようがなく暗くて。
ほら、暗闇ってなんだか引き込まれるじゃない?
(もう完結してしまいましたが、少年ジャンプに掲載されてた当時、『ONE PIECE』と人気を二分する作品でした。)

 

主人公ナルトは忍者で。
その忍の世界の仲間たちとのストーリーなんですね。
で、皆それぞれに特殊能力を持っていて、職業柄、私がいちばんシンパシーを感じたのは傷を癒す能力を持つ医療忍者の綱手っていうキャラクターでした。
戦いにおいて、医療忍者ってのは絶対に死んじゃいけない存在なんですよ。
戦う力はそんなにないから(綱手は強いですが)、仲間に守ってもらいながら、傷ついた仲間を癒す。
今改めて考えると、ちょっと示唆的だなあ。

 

ある日、SNS上で『NARUTO』好きが縁で知り合った人がいたんです。
嘘みたいな話だけど白血病で、もう三回も骨髄移植を受けていて。
4月の末に知り合って、6月の頭にGVHDっていう骨髄移植の合併症で死んじゃった。
その間、会うことたったの一度きり。(病院へお見舞いに行ったのね。)
でも知り合ってから亡くなる数日前まで、毎日何時間も費やしてお互い家族や親友にも言えない話をしてたので、もう最後は家族以上っていうかね。

 

あんなに肉迫して『死』について語り合った濃密な一か月を、私は他に知りません。
私に特殊な力があるならば、どうかこの人の心を少しでも癒せますようにと祈るように過ごした一か月を、私は他に知りません。

 

お葬式から戻る飛行機の中で決意したのは、彼が生きたくても生きられなかったその分、濃ゆい人生を送ってやろうと。
こちとら医療忍者のごとく、最後までしぶとく生きてやろうと。

 

この時期が来ると、あの時飛行機から見た空と一緒に思い出します。
これから癒さなきゃいけない仲間もどんどん増えていくことですしね。

価値観メガネ

f:id:umico-mare:20160422081127j:plain

こんばんは。
庭の宿根草・ガウラの鉢にいつの間にかひっそりと多肉・紅稚児が育ってました。
きっと小さな葉が落ちてそこから成長したんだな。
こんな風に葉挿しで増えたりこぼれ種で増えたりする植物たちがとっても愛しくて仕方ありません。
息子たちの次くらいに可愛いです。

 

私には息子が三人いますが、その全員と離れて暮らしています。(つまり元夫の所)
それを説明するとたいてい驚かれるのですが、これは息子が決めたことで、その気持ちを尊重しました。
私が拒否すれば、もちろん私が引き取ることもできたと思います。
でもよくよく考えると、私の意地でひとりっきりで子供を育てるのと、父と祖母父、近所の人たちとの密な人間関係が存在する元夫のところで育つのとでは、どちらが子供たちのためになるのかは明白でした。
私はひとりで過ごす孤独に免疫があるけれど、子供たちや元夫にはありませんから。

 

まあ、こういう決断ができたのも元夫が父親として最良の人だったからこそですね。
そこは素直に感謝したいと思います。
離れて暮らすことになったとき、一番葛藤したのは子供たちでしょう。
自分たちのことよりも、一人になる私のほうを気遣っていましたから。
そこだけは素直に謝りたいと思います。
今の状態は、私と元夫と子供たちの間で暗黙の裡に定まった絶妙なバランスの上に成り立っています。

 

なのでね、誰が何と言おうと気にしません。
逆に他の誰がどんな選択をしようとも批判しません。
その人にはその人たちの歴史や経緯があるのです。
その選択にどうこう意見できるのは、当事者たちだけなんですよね。
自分なりの価値観を持つのはとても大事なことだけれど、時にはその価値観を外してそのままの対象を見ることも大事。

 

他人というものはその価値観メガネをなかなか外そうとしないものです。
自分がそのメガネをかけていることにすら気づいていないこともある。
それを知っておくだけでも、今より強いハートが手に入りますよ。

さらば安売り

f:id:umico-mare:20160420024932j:plain

こんばんは。
植物屋Mareマーレのヨーコです。
自戒を込めてこのブログを書きます。

 

私、この仕事を始める前…ナースしかしてなかった頃まではホームセンターの安売り苗に飛びついてたのね。
植物を育てることに関してある程度の腕があれば、根がそんなに張っていない小さくて安い苗でもきれいに咲かすことができるから。

 

だけどここに来てやっと気が付いた。
どんな商品でも、安く売られるということは、確実にそのあおりを受けている人たちがいるんですよ。
園芸の世界でいえば、小売店や生産者さんたちですよね。
小売店では適正価格の美しい苗が売れなくなる。
生産者さんたちは良い苗を作っても作っても安く買い叩かれると、いつしか生産自体をやめてしまう。
そして良い苗の価格がどんどん高騰して、結果、文字通り植物は高嶺の花になってゆくんです。

 

これは恐ろしい。
植物の素晴らしさをみんなに知ってもらいたいっていう野望がある私にとっては。
それに、この業界に入っていろんな人と知り合った。
あの人やこの人がそんな思いをするのは嫌だ、見たくない。

だからこれからは良いものを適正な価格で売っている店で購入すると決めました。(そしてそういうお店を作ります)
安売りに飛びつかない。
植物に限らずね。

 

 

追記

もし『そんなことを言ったって、安い苗しか買う余裕がないのよ!』って人がいたら、障碍者施設関連のマルシェに行ってみるのはいかがでしょう?
ホームセンターで購入するよりも良質で掘り出し物の苗が見つかるかもしれませんよ。
施設運営の資金として社会貢献になるし、何より障碍者の喜びにつながります。
ぜひご一考を。

レッツ神棚

f:id:umico-mare:20160419054258j:plain

このブログはできる限り毎日書くよ~寝落ちしたらごめんね~っていうゆるい私にも、欠かさず続けている習慣があります。
それはね、神棚。

 

夜勤明けだろうが朝帰りだろうが、必ず午前中に米と塩と水を取り替えて。
ろうそくに火を灯して二礼二拍手一礼。その拍手の後に

 

今日もこのとおり元気で朝を迎えることができました。
ありがとうございます。

 

と、心の中でつぶやきます。
お願いは一切しません、感謝のみ。

 

さらに毎月1日と15日にはお神酒もお祀りします。

 

神様はお酒が大好き。(親近感)
一晩祀った後は自分が飲むもよし、お風呂に入れるもよし。
(祀った後の塩は、料理に使ったりせず水に流します。塩は悪い気を吸い込んで祓う作用があるので)

 

全然お高い神棚じゃありません。
お値段二千円ばかし。
だけど日本一手入れされている神棚じゃないかな。

 

そんな感じで毎日を過ごしていると、今年の旧正月から祀ってある榊に変化が出てきました。
枯れることもなく、わさわさと新芽が出てきたんですよ。
その上…

f:id:umico-mare:20160419052311j:plain

 

根が出て…

 

f:id:umico-mare:20160419052409j:plain

 

つぼみがついた。

 

榊は神様の止まり木なので、もうこれは神様が『ちゃんとおるでー』と私に伝えてくださってるんじゃないかなあと思うんですよね。(ポジティブ)

 

それにね、無心でお祀りをしていると精神の波が平穏になるんです。
ギアがニュートラルに戻るみたいな。
お願いもしないから、生きていること、そのことだけに感謝できる。

 

神棚、おすすめです。

いつかまた

f:id:umico-mare:20160417134949j:plain

高校時代にお世話になった先生が亡くなった。
それは本当に突然の訃報でした。

 

先生ありがとう。
優しい声と笑った顔ばかり思い出す。

 

ナースである私にとっては、死は特別なものではなくて。
それは静かで。
本当に静かで。
残された者の心に嵐は吹き荒れることはあれど、死そのものは静謐。

 

皆が嘆き悲しむのは肉体の死であって。
精神というか心というか魂というか…何と呼べばわからない、その『もの』は確実に存在している。

 

それではしばしのお別れです。
いつかまたどこかでお会いしましょうね。
そんな感じで死というものを捉えている気がします。
私はね。

 

 

 

大切な人を失ったすべての人へ。
悲しいんだね。
寂しいんだね。
そこに存在してくれるだけでよかったんだものね。
でもね、ありがとうって気持ちを伝えられなかったこと、後悔しないで。
その気持ちは確実に伝わっているから。
心に思い浮かべるだけで伝わっているから。

 

いつかあなたの悲しみが少しだけ薄まったら。
そこに柔らかくて温かな気持ちが生まれていることを願います。