受けて立つ

突然ですが職場を変わることにしまして
それを機に引っ越しました
これからはちゃんと毎日
植物とそして自分と向き合います

 

今まで自分の時間を削って
夜勤バイトに勤しんでおりましたが
植物と触れ合う時間もめっきり減り
あまり充実を感じられなくなってしまって
どうやら私 方法を間違えていたみたいです

 

間違えたらすぐやり直す 方向転換する
これは間違いなく私の強みだなあ うん
でもこの2年間のどれもこれもがよい経験となりました
精神科楽しい! って思えたのが一番の収穫かな
お世話になった皆さん本当にありがとう

 

それでね
次の職場での配属先が決まりまして
なんと…

 

緩和ケア病棟

 

おめでとうと言われながら退院することのない病棟です
自ら希望したわけではなく
必要とされる場所があるなら
どこに配属されてもベストを尽くします
と配属先をお任せしてはいましたが

 

…大丈夫でしょうか
おい大丈夫なのか? 私!?

 

メメントモリ
生きることと死ぬこと
看護を職業に選んでからずっと
命題として考え続けてきた私に対する神様の挑戦状かしら

 

ならば受けて立ちましょう
看護師人生の答え合わせ
始まりそうです

 

誰かの1日1日の重みを
包み込める自分であると思いたい

 

今度は逃げない

初心に帰る

明けましておめでとうございます

 

ずいぶん長い間 投稿もしていませんでしたね
とはいえ植物との関係が途切れることはなかったので
自分の中ではそれほど焦りを感じることはなかったかな
だけど特にここ半年くらいは
本当に何もない真っ白な空白の時間でした

 

そんな中 この数日前から自分の書いた文章を読み返していて
あー恥ずかしいなとか
あー照れくさいなとか
何書いてんだ私とか
負の感情が湧き上がるところもあったのですが

 

ちょっとぉ~自分めっちゃええこと書いてるやん!
って思いました(自画自賛タイム突入)

 

自分で自分の書いたブログを読んで
自分自身の言葉に癒されている自分がおりました
なんか早口言葉みたいになってますが
ホンマに涙が出た記事もあったりしてね

 

そんで思ったことが
やっぱり私 文章書くの好きやなあって
伝えたいことまだまだいっぱいあるんやなあって
私の文章はもしかしたら本当に
どこかの誰かに届いてるのかもしれないなあって
時々 空白の時間がやってきても
自分の世界はここに確実に存在してるんやなあって

 

そういう風に思えたんです
それがなんか嬉しかったな…
自分で自分好きになるって
実はとても大切なことなのかもしれないですね

 

というわけで
今年も…これからもよろしくお願いします