存在の証明

先日のブログに、友人からメッセージが届きました。

 

ばあちゃんに会いに行っても、孫である自分を認識してくれなくなってしまった。
身体は生きてるけど心はどうなの?
このまま死んだら魂は意思を持つの?

 

という内容。
それに対する私の返信があまりにも言葉足らずだったので、この場をお借りして伝えたいと思います。

 

まず認知症にはいろいろな種類があるのですが、ざっくりいうと脳や脳の血管の病変によって起こる認知機能の低下です。
それこそ症状は多彩です。
その中でも最もポピュラーな症状が記憶力の低下でしょう。
短期記憶から失われていきます。
ですから、友人のおばあちゃんも友人が生まれたころや幼いころの記憶が残っていたとしても、目の前にいる40過ぎのおっさんが自分の孫だとは認識できないわけです。

 

だけどですよ?
記憶が失われていく、理解力も徐々に低下していく、身体機能も衰えてできないことが増えていく中で、目の前の相手が自分に好意的かどうかというのは敏感に感じ取ります。
生きていくための死活問題ですからね。(だから生まれたばかりの赤ん坊も、反射的に微笑むようにプログラミングされています。)
にっこりと笑いかける
聞き取りやすい声で穏やかに語り掛ける
上記の2点を踏まえたうえで体に触れてくる人に対しては、認知症がどんなに進んでいても心を開いてくれる場合が多いのです。

 

記憶が失われていくことは、家族にとっては辛いことかもしれませんが、笑顔で穏やかに接することが、認知症を発症した人の心の安定につながるのだと伝えました。
短期記憶がなくなるということは、嫌なことも忘れられるし、逆にうれしいニュースは何度聞いても初めてのように喜んでくれるのですよ。
もちろんそこには心が生きています。

 

ですが認知症の中にはやっかいな症状もあって、感情の鈍麻というものもあります。
外部からの刺激に反応しなくなってくることがあるんですね。
ここで言いたいのが、反応がないからといって心がないわけではない、ということ。

 

とてもスピリチュアルな領域に踏み込んでいくようで、受け入れられない方もいるかもしれません。
今現在、このブログを読んでいるあなたには、心がありますね?
魂の存在も感じているかもしれない。
ではそれを、体の機能を一切使わずに他人に伝えることができますか?
伝えることはできなくても、それは確実に存在していますよね。
その存在を認めることができないのならば、いったい人間とは何なのでしょうか。
伝えることができないならば、存在しないというのは全くのナンセンスなのです。

 

最後になりましたが、肉体がなくなっても精神(魂)がなくなることはない、と信じています。
じゃないと生きる意味などない。
私はね。

 

投稿者:

ヨーコ・ミヤタケ

植物は人のこころを癒すと信じて活動中。 植物に触れている時間が最高の幸せ。 絵は描くのも眺めるのも好き。 楽譜読めない、楽器も演奏できないけど音楽が好き。 植物と絵と音楽と美しいものに囲まれて生きていく!