娘としての考察

image80(3)

先日の日曜日は母の日でしたね。

Facebookでいろんな方がお母様への投稿されてました。ストレートに感謝の言葉を伝えられる、人間的な素直さがまぶしかったです。妬みでもなんでもなくそんな関係性をうらやましいと思います。

かくいう私も母の日にお花を贈ったりしていたのですが、そこに気持ちが全く伴っていなかった。
母親のために花を贈る親孝行な私。離れていても親を思う優しい娘である私。そういう自分の体面を守っているだけだと気づいてからはそれももうやめました。

私には「母親なんだから」という前置詞を徹底的に取り払って母と対峙する必要がありました。この人は母親である前に一人の女性なのだと。母と子の心の臍の緒を引きちぎる作業は大変苦しい。お互いに心は血まみれの傷だらけです。一時は関係の断絶という危篤状態に陥りましたが、この歳になってようやく容体が安定して「敵ながらあっぱれ」的な「今日はこの辺にしといたろか」的な心境に落ち着いてきました。「私を産んで育ててくれた」という事実に対する感謝だけは残っていたからかな。

でもやっぱり解ってほしかった。
母親を大好きな娘でいたかった。
そんな風にまだ少し苦しい私はいくつになっても甘えん坊なのかもしれません。